乳酸は筋疲労の原因ではありません。

スポンサードリンク

筋トレなどで筋肉が疲れてくると、乳酸が溜まってきた、、、なんて言葉で疲労感を表現しますね。

しかしこれ、けっこう前から否定されています。

実はむしろ乳酸は筋肉を回復させたり、修復するたいへんありがたい物質なんです。

筋肉疲労の原因は、乳酸が溜まるためではなく筋肉組織の酸化と言われています。

筋肉は筋収縮を行う代謝の過程で、乳酸と共に多くの酸性物質を作り出します。

この酸性物質が蓄積し、筋肉をいわいる酸化していき筋疲労として感じていきます。

そもそもこの酸化とは何かと申しますと、人間の体内は酸塩基平衡と言って、体液が酸性やアルカリ性とのちょうど良いバランスで保たれています。

体内では、栄養素の代謝に伴ないが生成(産生)されるが、体細胞の生命活動が正常に営まれる為には、細胞外液のpHが一定に保たれる必要がある。 このように、酸塩基平衡を維持して、pHを一定に保つため、血液や体液の緩衝作用(緩衝機構)、呼吸による調節作用、腎臓による調節機構が、存在する。

これが、なんらかの影響で体液バランスが崩れてしまうと細胞の細胞膜を壊したり、血管や神経組織を硬くしてしまうなど生命活動の上で根源的に悪影響を及ぼします。

このような影響が筋肉組織にも及ぶことにより、筋肉の働きが制限され疲労感として感じていきます。

更に体内の細胞が酸性に傾くと身体活動が妨げられ、体が働かなくなり生命危機にまで達します。

これ程体の酸化って怖いんです。

乳酸ってスゴイんです

このように筋疲労の原因が体の酸化であり、乳酸が筋疲労の原因ではないということがわかります。

では乳酸の筋肉を回復、修復する過程はどのようなものなのでしょうか。

乳酸はやはり運動をすることによって、エネルギーを作り出す代謝の過程で産生されます。

この乳酸は肝臓に運ばれて再合成され、筋収縮のエネルギー源であるグルコースに変換されます。

しかもこれは長時間運動を続ける際、その運動中や回復期間中に新たなエネルギーを作り出すんです。

つまり乳酸は、疲労を引き起こす物質ではなく、疲労を軽減、回復してくれる物質であることがわかります。

更に乳酸は人間の一番重要な器官とも言える、心臓の筋肉、脳神経のエネルギーにもなるんです。

乳酸ってスゴイ大事!と思いますよね。

代謝と活性酸素による酸化が原因

筋疲労の原因は乳酸ではなく、根本的には先に述べた筋肉代謝、代謝以外では活性酸素による体の酸化ということになりますが、どうすれば筋疲労を最小限に抑えらるのでしょうか?

体の回復を助ける乳酸は疲労物質ではないものの、体の酸化度合いを見る指標になります。

つまり乳酸が蓄積しにくい体になれば、酸化度合いも下がることに。

乳酸の蓄積度合い(少なさ)は有酸素トレーニングにおける、持久力の向上効果を計る数値と同一になります。

したがって酸化しにくい体を作るには、いわいる筋トレよりもランニングやエアロビなどの持久系の有酸素トレーニングが効果的なのです。

これは糖質をエネルギー源とする代謝を最小限に抑え、脂肪や酸素を使った代謝の割合を増やすことによって筋細胞内の酸化物質を抑えてくれるためです。

また有酸素運動は活性酸素を抑えてくれる酵素を活性化する作用もあります。

その他活性酸素を発生させる危険因子を最小限にとどめることも大切です。

以下活性酸素を発生させる危険因子の代表例です。

  1. ストレス(最大の活性酸素の発生原因)
  2. タバコ
  3. アルコール
  4. 激しい運動
  5. 電磁波(携帯電話,電子レンジ・・・・)
  6. 紫外線
  7. 医薬品,食品添加物などの化学物質
  8. レントゲンなどで放射線
  9. 車の排気ガス
  10. etc

その他カロチンやポリフェノール、ビタミン C、ビタミン E など抗酸化力があるものを食べる。

にんじんやトマトの赤、 とうもろこしの黄色、ホウレンソウの緑など 、色彩豊かな食卓を意識すれば、自然と抗酸化物質が体の中に入ってきます。

まとめ

このように筋疲労の主な原因は、乳酸ではなく体の酸性化によるものであることがわかりました。

いわいる筋疲労をおこしにくい体を作るには、有酸素運動を行い活性酸素をいかに抑えられる生活習慣を身につけれるかが、大事になります。

現代社会で生きる上では、多くの活性酸素の発生原因の中での生活にさらされていて、すべてを防ぐことはできません。

また過剰に気にし過ぎてもそれが最大のストレスになり、更なる活性酸素を発生させる原因になりかねません。

ですから、知識として知っておいて何事もほどほどにが適当ではないでしょうか。

過ぎたるは及ばざるが如し

みなさんがこんな気持ちでほどほど程度に健康を気にして、快適に暮らせれば良いのではと思う次第です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です