笑うことが苦手でも、笑い声を聞くだけで健康になれるんです!

スポンサードリンク

笑う事で健康になる

世間には様々な健康法がありますが、道具も何も使わず誰でも簡単に実践できる方法があります。

そう笑う事です。

笑いは、ストレス解消や癒し効果だけでなく免疫細胞を活性化し、脳内モルヒネなどの分泌により痛みを抑えてくれたりと様々な効用があります。

しかし、人によって笑うことが苦手だったり笑う機会があまりないという場合、この笑いの健康効果を得ることはできないのでしょうか。

そんな事はありません。

なんと自ら笑わなくても人の笑い声を聞くだけで健康効果があるんです。

笑いの周波数が関与

これを明らかにしたある実験によると笑い声の音声周波数が脳細胞に働きかけ代謝機能(エネルギー代謝、脂質代謝)の活性化ストレス軽減効果があるということが実証されています。

つまり笑い声が聞こえる場にいるだけで笑いの健康シャワーを浴びれるんです。

今ではあまり見られませんが一昔前、私が子供の頃に放映していたドリフの大爆笑とかアメリカのコメディドラマ(奥様は魔女など)は必ず合間合間にお客さんの笑い声を入れていましたね。

今考えるとあれって利にかなってて、番組内容以上に脳にうまく働きかけていたようです。

それはさておき、人によっては笑い声なんて聞きたくなかったり、笑い声なんて騒音だなんて思う方も中にはいらっしゃると思います。

作り笑いでも効果がある

安心してください。

そんな方は一人でこっそり作り笑いをするだけでも効果があるんです。

脳は高度な機能を有している反面、意図的に作られた刺激に対して錯覚しやすいという性質があります。

人が笑顔を作る時、必ず口角が上ったり目じりを下げたりする顔の筋肉の動きが見られます。

例えば作り笑いをした時、顔はホントに笑っている時と同じ動きをするため、この筋肉の動きに対して脳はホントに笑っていると錯覚を起こします。

他の例をあげると人は自信がなかったり、恐怖心がある時って背中が丸くなりますよね。

この時、反対に背筋を伸ばした姿勢にすることにより自信が湧いたり、恐怖心が和らいだりして前向きな気持ちになります。

このような脳の錯覚効果により、副交感神経が優位に働きセロトニンなどの脳内モルヒネが脳から放出され、様々な健康効果を引き出してくれるのです。

まとめ

このように自ら笑わなくても笑い声を聞いたり、作り笑いをするだけで免疫力アップストレス解消などの効果が期待できます。

笑うことは場所や時間を選ばず行える手軽な万能健康法です。

笑うことが得意な方もっとお大げさに、もっと大きな声で笑いましょう!

そうすることにより、回りの方に笑いの健康シャワーを振りまいて、周囲の人の健康増進に貢献できますよ!

笑いが苦手な方も、このような笑いの効能を知れば笑いを雑音と捉えず「健康シャワーを浴びれるんだ」と笑い声に対する認識を変えるきっかけになるのではないでしょうか。

最後に、笑うことにより得られる健康・美容効果のまとめリンクを貼っておきますので御覧ください⇒美容も健康も!「作り笑い」の効果がすご過ぎる!!出典:NEVERまとめ

いかがですか?

笑うこと、しかも作り笑いでもこれだけの効果が期待できます!

とりあえずこの記事を読み終えたらひとつ「ニヤッ」と作り笑いをしてみてくだい。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です